忍者ブログ
佐藤恭子 音楽と日々のあれこれ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【最近の本】


ええと、お風呂の中で、枕元は寝る前用、移動中に、図書館にて、スマホで、エトセトラ。数冊を、分散して少しずつ読みます。

音楽関係では、「Keith Jarrett 音楽のすべてを語る」、以前最後まで読み切れなかったので、あらためて再読中。キースがインタビューに答える形式。合間にいろんな音楽家の方々のコメントや、キースが傾倒した思想家グルジェフの引用等が挟んであって、とっても面白いです。これは廃刊につき、図書館で読んでます。

それから、石塚真一さんの漫画「BLUE GIANT」は、仙台の高校生がジャズとサックスの魅力にとりつかれ、プロのジャズミュージシャンをめざすという。続きが楽しみ。


他の分野では、プラットフォーム論というお話が面白かったのがきっかけで薦めて頂いた、レイチェル・ポッツマン著「SHARE」、所有するから共有するという意識へって感じなのかな、まだよみはじめたばかり。クリス・アンダーソン著「FREE」は、無料の持つ価値や可能性について。ゼロや無の概念の歴史的なところに触れてるのが興味深いです。音楽の今後のあり方についても言及してて、深く考えさせられます。デイビッド・アーカー著「ブランド論」は、ブランドというものに執着したり購入する心理に、なるほどなぁ、と。

大前研一さんの「日本の論点」は、数年前に、プレジデント誌のお仕事で出会うというびっくりなご縁の高校の先輩が編集に携わられたことからご紹介頂いて読んでます。大前さんはクラリネット奏者を志そうかと考えられた時期があったそうだよ、ってことで、親近感湧くなぁ、笑。


涙無しに読めなかったのは、曽根富美子さんによる漫画「親なるもの 断崖」。昭和初期に遊郭に売られた4人の少女達の人生を描いたもの。言葉を失います…。


PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]