忍者ブログ
佐藤恭子 音楽と日々のあれこれ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アルバムの感想や評価をいろんなところで頂いたりして、自分がリトルオーケストラと名付けた編成で表現したかったこと、また、この先どこに向かいたいのかな、と、そのまえに、そもそも何が好きなんだっけ?と、考えることがしばしばあって、もちろん、なかなか言葉にするのは難しいけど、とりあえず、下記備忘録的な笑。


編成について。

ビッグバンドよりも小さな、管楽器6(ときどき7)プラス4リズムセクションという、一般にラージアンサンブルとよばれる編成のひとつ。ビッグバンドと同じ手法でかかれたラージアンサンブルの音楽は古くからあるけど(それらはやっぱり壮大さという点でちょっと物足りなく感じることが多い)でも、オーケストレーションの工夫や対位法をうまく組み合わせることで、オーケストラのような壮大さや相対的ダイナミクスをある意味表現できるという可能性があること、それを生身の人間で、素晴らしい演奏家たちに集まってもらって形にするという、不完全な完全さみたいなものが、実現していく過程も含めて魅力かな。

とはいえ、最初のきっかけは、ビッグバンドよりも人数がすくないと、予算が少なくていいしね、という安易な発想。でも、それだけに演奏者の能力と個性に大きく左右されることも判明、笑。



ジャンルについて。

特にこの編成で音楽を書くときには、ジャンルの枠にしばられないことを大切にしています。

音楽のジャンルって、その人が着てる洋服みたいなものに感じることがあります。社会生活の中で、人からどう見られるかという印象、職業や地位やそういったものとの関連や、何よりも大切なところで、着ている自分自身の心のあり方を考えると、着るもののチョイスはとても大切なのだろうけど、本質的なものというか、その人間の資質を語るときに、実際洋服ってどこまで影響するのかなと思うと、わからないなぁと思うのです。

私自身の興味といえば、どちらかというと、着てる洋服よりも、なぜ、それを着ているのか、というか、いうならば、表現者の思考に興味があるという感じかな。音楽で言うなら、なぜその枠組みを選択したの?とか、もっともっと狭義でいうと、ジャズや即興演奏において、なぜその瞬間にその音に向かったのか、のような。

でもそれがただの直感とか成り行き的なものにはそんなに興味もなければ奥深さも感じないのです(毎日音に関わって感覚が麻痺してるというのはあるとおもうけど)。表面的なところだけ器用になぞった、音の根底にその人の意志や思考の見えないものには心が動かない。

逆に、綿密なコンセプトや理知的なものの、その先にある人間の本能的な欲望が見えた時、いいかえると、この音をつかみ取りたいというような超肉食系の貪欲さや思慮の深さ、気持ちの強さ、また、結果的にこうなったけど必然だよねという安堵感のようなものに、憧れたり、心奪われるのだろうかな、と。

何考えてるかわからなくなってきました笑。また、気が向いたらつづきをば。

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]