忍者ブログ
佐藤恭子 音楽と日々のあれこれ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今夜は、音楽学校のアンサンブルの授業にて、Billy Strayhornさんの「Isfahan」という曲をとりあげてみました。演奏者にとっては難曲と言われることが多いですが、本当に美しい曲です。


ストレイホーンさんが同性愛者だったり政治的な主張の強かった人でもあったことに起因する差別やバッシングの影響で、当時の彼の作品の多くが共同作業をしていたデュークエリントン氏の曲として発表され、最近になってようやく本人がクレジットされるようになったと聞いたことがあります。ステージにたたず、舞台袖から見守るばかりの、エリントンの分身とかよばれたそう。どこまで真実かは分からないけど。


氏が己の人生に苦悩してたかどうかは知る由もないけれど、作品に共通する美しい旋律やどこかしら宙に浮いたようなふわっとした不思議な印象に、どんなことを思って日々を過ごし、どんな気持ちでピアノに向かって、曲を書いたのだろうかな、などと思いを巡らしはじめると、ときどき凄く切なくなって涙腺がゆるみそうになる、と私が少しばかりセンチなことを言いはじめたら笑、Isfahanがどこの町?イラク?モスクあるとこ?イスラムの文化や宗教の影響もあったりするかな?どんな町なんだろうね、など、横道にそれ…。でも、作品の背景とか、作者の生い立ちや、彼彼女が生きた時代の文化や政治的背景に触れることって大切だとあらためて思った次第。


そういえばChelsea Bridgeも、Lush Lifeも、Upper Manhattan Medigal Groupもそうだけど、ストレイホーンさんの名曲はキーがDbであることが多いという話になって、それでメロディを、半音あげたり下げたりして吹いてみたのだけれど、明るすぎたりさわやかすぎたり、素朴すぎたりして、なんだかしっくりこない。やっぱりDbが落ちつくというか、Dbだからあの独特の美しさが表現できるんだね、と、その場のみんなで納得。



この文章を書きながら、久しぶりに、ハートマン&コルトレーンの共同クレジットによるLush Lifeと、チャールスマクファーソンがパットマルティーノとデュオで残したLush Life、そして、ジョシュアレッドマンがストリングスを加えて録音したLush Lifeを交互に聴いています。一音一音が心に重く染みてく。同じ曲なのに、各々が全然ちがうLush Life。各々の人生も、生きた時代も全然ちがうのと同じで。


などと思いながら、一日の最後を心静かに穏やかに気持ちよく過ごせて、なんといってよくわからないけど今日も一日ありがとう、なのかな?なんとなく笑。


ちなみに、Lush Lifeという曲にであったのは、wheel of lifeという曲を書いたときに、あなたもストレイホーンみたいに人生急いじゃうの?ってからかわれた(?というのかアメリカンジョークなのか?)のがきっかけでした。曲も、歌詞にwheel of lifeって出てくるのも、そのときに初めてしりました。ちなみに、歌詞はナットキングコール。

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]