忍者ブログ
佐藤恭子 音楽と日々のあれこれ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


文章を書くのは嫌いではないし、物書きに向いてそう、って、よく言われるのだけど、コンスタントに文章を書き続けるには多大な努力を要すであろうと容易に想像できるので、やはり文章を書くのを職業にするには縁遠いのだなと思います。書くことを楽しめる範疇でなら喜んで、程度かな笑。でももし、めっちゃくちゃ破格にお給料頂けるなら、相当がんばって書くかも?(うーん、違うか。)


というところで近況ですが、ここのところ、新しいプロジェクトとりかかってます。秋頃には具体的になってそうで、これからしばらく悩み多き時期が続きそうだけど、形になるのがとっても楽しみです。集中力きれそうだから、多くは語りませぬ笑。


リトルオーケストラのライブは、楽しみにしてくださってる方多く、やりたい気持ちもあるのですが、とりあえず、もう少し先かなぁ。

昨年、初期のメンバーの、ギタリストのニアーフェルダーや、トランぺッターのクリスチャンスコットが、それぞれ自分のバンドで来日して再会したときに、またやりたいねーっていう話になって、だったらコラボでゲストに来てもらって東京ジャズがいいなーと思い、ありがたいことに、評論家や関係者の方々がご協力くださり水面下でいろいろと動いてくださったのですが、今年はどうやら難しそうで(リトルオケの音楽ファンの皆様が、アンケートとかあればこのコラボレーションの実現を望む声をあげて&とどけてくださったら嬉しい笑)しばらく時間をおこうかなというのもあるのと、ライブは私が自分が感動したいからやるというのもひとつ大きな原動力だったりするので、サウンドに新鮮さが欲しいなぁというのもあったりします。

とはいえ、昨秋のNHKの収録のあと、やっぱりホールの音響での演奏がいいな、と、ホールコンサートも、年明けからしばらく画策してたのですが、ホールはさすがに現状マネジメントが負担になるので、マネジメント面で有能な協力者、求む、といったところ。こちらもどなたかいらっしゃってくださらないかしら?


最近の本や音楽他は、また次回にでも。このところ浮世絵や短歌等の和アートに惹かれて思ったのは、誰にでも瞬時に分かりやすいエンターテイメントもそれなりに楽しいけれど、何度も観たり聴いたり読んだりしてその度に新しい発見があって受け手がややもすれば見落としてしまいそうな素晴らしさを含んでいるようなものが、好きなのだなぁと思いました。勿論、どちらの側面ももってたら最高です笑。

すこしばかりの知性や献身、あるいは達成感を要さない娯楽は退屈といいましょうか、怠惰な快楽はいずれ色あせてしまったりただ通り過ぎて行くにすぎず、記憶に残る感動や心から充実した楽しみを見いだすには遥か遠いといいましょうか。


初夏の雨ふる朝に。
PR
|  HOME  |   2016年4月13日 >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリー
ブログ内検索
バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]